c0216743_154053.gif

1995年11月から、ほぼ月1回のペースで続けている (続けてこられた?) ワイン会
ここでは、1998年~2009年の様子を各年度ごとにUpしています

c0216743_15154521.jpg


c0216743_15195265.gifいつの間にやら50回 (2000年10月21日)
c0216743_15213698.gif 100回目のワイン会(2005年11月19日)
[PR]
# by winekai-past | 2010-01-26 13:58 | top
c0216743_1545526.jpg


c0216743_1573494.jpg

明けましておめでとうございます。
通算138回目のワイン会です。
今年もよろしくお願いします。
かんぱ~い!
今夜はなぜか男性が多くなりましたが
年女がお二人もいらっしゃいましたよ024.gif





今夜のワイン
c0216743_15574445.jpg

c0216743_1544329.gif
写真右から ① ② ③ ④ ⑤  (みなさんのティスティングシートより感想をまとめました)

① 2008 ガバ・ド・イクシル / ゴデッロ(白) スペイン ヴァルデオラス
 
              ( ゴデッロ100%)
少し濃い黄色。キラキラ。見た目、甘ソ~な感じ。ラベルがきれい。フルーティ!。
熟したフルーツ。けっこう好きな香り。小さい白い花。すっきり辛口。好き!。飲みやすい辛口です。

 
② 1998 レイシス 1  (ブラインドテイスティング)  スペイン赤
       ( モナストレル40% テンプラニーリョ30% ガルナッチャ30% )
透明感のあるルビー。12年熟成のわりには明るい赤やね。少しレンガ色。深い赤茶? 赤土。
ベリー、赤い果実。赤い果実。スミレの花。ナッツ。愛情のある香り。最初は固い。
まろやか、魅惑的な香り。ブルゴーニュ?上質のボルドーのよう。しっかり。重くもなく飲みやすい。


③ 2001 シャトー・トゥール・デ・グラーヴ  ボルドー赤  
       ( カベ・ソ70% メルロー30%)
ルビーの中に淡いレンガ色。軽く感じる。ドライフルーツの香り。飲みやすいです。
さきのレイシス1の印象が強すぎたなぁ。ちょっとかわいそう。


④ 2004 A.Fグロ ブルゴーニュ    ブルゴーニュ赤
         (ピノ・ノワール100%)
とても透明感を輝きのあるルビー色。明るいルビー。うすいヌードのような・・・(?)
赤いさくらんぼ。チェリー。上品な香り。ほどよい酸味。すっぱいな~。プラスチック。
一番のみやすい。だんだん酔ってきた・・・


⑤ 2007 セルパイア・マレンマ/ セルパイオーレ  イタリア トスカーナ
         (メルロー50% カベ・ソ30% サンジョヴェーゼ20%)
濃いルビー。黒っぽいルビー。深みのある色やね。好きな色。黒いベリーの香り。重め。
一口め、ピリっと感じる。若いな~。渋みと酸味のバランスが整っていておいしいが、もう少し
置いたほうがいいかも。渋い、がチーズ(コンテ)と良く合う。も~ホロ酔い、おいしく飲んでます。


c0216743_15273933.jpg

2番目にブラインドで飲んでいただいた レイシス1 は、娘からのおみやげ。
皆さんで飲んでみて、感想を・・・ということだったので。(感想は別ページ)
" うなぎの母 " さんは、珍しいお酒 「 しぼりたて (愛知・永井酒造場)」 を持ってきてくれました。
新春プレゼントは、恒例の「じゃんけんぽん!」で年女のMさんが GET!
c0216743_15403415.jpg

[PR]
# by winekai-past | 2010-01-16 15:31 | 2010年

2009年ボージョレー・ヌーヴォの印象は、まず 濃い! 005.gif
グラスに注いだとたん、「これ、ヌーヴォなの?」と、思わず声に出てしまうくらい。
ブルーベリーやいちごジャムを想わせる香りの、旨みたっぷりな味わいでした。

c0216743_13494922.jpg

c0216743_13501452.jpg


今夜は新酒づくし
3連休の初日とあって皆さんどこかへお出かけなのか、参加者が12名という少人数なので
例年のように全種少しずつ味見程度ではなく、着席でたっぷりと新酒を味わっていただくことにしました。
白のマコン・ヴィラージュ・ヌーヴォに始まって、ヌーヴォ1、ヴィラージュ・ヌーヴォ2の、4種類。
今夜はテイスティングシートなし!です。

c0216743_13504746.jpg

c0216743_1351277.jpg


一番人気は、やはり今年で9年連続No1の アンリ・フェッシー/トラディション  でした。
今年は今までで一番の出来のようでバランスの良い、まるでブルゴーニュのような味わい。
ランセストラP.U.R は、空けた途端インパクトのある香り。「インクのよう」とつぶやいた方も。
一番濃い色合いで、まるでニューワールドワイン。「ジンファンデルみたい」という声も・・・。
これもだんだん落ち着いてくると、カリフォルニアのピノみたいになってきましたよ。
ヌーヴォながら、一年置くとすごい!との評判なので、買っていただいたMさんは「寝かせておくつもり」だとか。
一年後の感想が楽しみです。
一番左端のは、Sさんが持ってきてくれた、こちらも「熟成させて楽しめる」ビール。
コクのある、まったりしたスパークリングワインのような飲み心地。

c0216743_1352732.gif


さて、今夜は育子杜氏が参加ということで
最後の「森の翠」を開けました。これで育子さんが作ったお酒の飲み納めです。
きれいな黄金色。柔らかで、ふっくらとした印象の味わいでした。

c0216743_13533661.jpg

[PR]
# by winekai-past | 2009-11-19 13:54 | 2009年